廃車手続きを管轄の陸運局で行う際に、印紙や証紙などの廃車費用がかかりますが、安く済ませれる方法をご存知ですか?

廃車手続き費用を安く済ます方法をご紹介します。

知って得する!廃車手続きの費用のこと

廃車手続き費用や注意点などを紹介していきたいと思います。二度手間にならないように、できる限り費用をかけず、できる限り時間をかけないように廃車手続きができるようにご紹介したいと思います。

廃車手続き費用が無料に?!

廃車手続きをするときにかかる費用は約1,000円。それに加えて、交通費や手間と時間がかかります。そんな廃車手続きを無料でしてくれるサービスをご紹介します。

廃車引取り

対応エリア 北海道~沖縄県(一部離島を除く)
営業時間 年中無休 8時00分~22時00分(フォーム受付は24時間)

廃車買取のカーネクストは、陸運局での廃車手続きが無料でやってくれて、0円以上の保証買取をしてくれる会社です。日本で廃車となるような車でも、海外へ輸出したり、鉄・スクラップで販売したりと、不要なものを再利用することで廃車でも買取をしています。ユーザー口コミ評価も良く、サービスも充実しています。

廃車でも0円以上買取保証!廃車手続き費用が無料のカーネクスト

廃車手続きにかかる費用の種類

廃車手続きにかかる費用についてご存知の方も少ないと思います。会社を頻繁にすることではないため陸運局でどのぐらいの廃車費用がかかるのでしょうか?

一時抹消の廃車手続きにかかる費用は主に350円と書類代金となります。書類代金とは陸運局でOCRシートと呼ばれるものを購入して、その用紙に車の情報や住所所有者等の情報を記入して提出するものになります。

永久抹消の廃車手続き費用

永久抹消の廃車手続きにかかる費用は永久抹消登録の申請書が40円程度必要となります。これは運輸支局で購入することができます。

永久抹消の場合はリサイクル料金の預託が必要

リサイクル料金は、2005年以降に購入した新車、若しくはそれ以降に一度でも車検を受けていれば既に支払っている車が多いですが、たまにリサイクル料金を支払いされていない車もあります。

万が一リサイクル料金が未預託だった場合は、永久抹消する場合にリサイクル料金を預託しなければなりません。一時抹消の場合はリサイクル料金を預託しなくても抹消することができますが、永久抹消の場合はリサイクル料金を預託していなければ永久抹消を行うことができません。

一時抹消の廃車手続き費用

一時抹消は一時的に車の登録を抹消することを言いますので、今後再利用したいと言う場合に関しては一時抹消をする必要があります。一時抹消登録にかかる費用は印紙代や証紙代合わせて約350円程度となります。

廃車費用が余分にかかる場合がある

一般的に廃車費用と言うものは350円程度となりますが、本当はその他に市役所などで取得する必要書類の代金もかかります。

市役所等で取得する書類は印鑑証明書や住民票や登記簿謄本等がありますがそれぞれの市役所や法務局に問い合わせましょう。

廃車手続き費用のまとめ

廃車手続きを自分でする場合は、陸運局に支払う証紙代や印紙代が必要となり、陸運局に行く時間や手間も必要となります。

したがって、廃車手続きを専門に行っている業者に依頼することによって廃車手続きが無料となり、廃車同然の車でも買取をしてもらえる可能性もあります。したがって、廃車費用をかけたくない場合は専門業者に問い合わせてみるのが良いでしょう。

廃車手続きの必要書類に不安があれば専門業者に依頼しよう

廃車費用を払うなんてもったいない!廃車にするときは専門業者に依頼するのがよいでしょう。廃車同然の車でも0円以上の買取保証付です。

廃車引取り