永久抹消の必要書類や費用について

永久抹消とは、一時抹消とはことなり自動車を使用できなくする手続きです。

一時抹消の場合は、再度使うことができますが、自動車を解体処理などを行った際は、再度利用することができなくなりますので、その様な場合は永久抹消をすることになります。

知って得する永久抹消のこと

永久抹消は、管轄の陸運局で手続きを行うことができます。永久抹消にかかる費用や必要書類についてご紹介します。

永久抹消の手続き費用が無料になる!

廃車買取のカーネクストは、陸運局での永久抹消の手続きを無料でやってくれて、0円以上の保証買取をしてくれる会社です。日本で廃車となるような車でも、海外へ輸出したり、鉄・スクラップで販売したりと、不要なものを再利用することで廃車でも買取をしています。ユーザー口コミ評価も良く、サービスも充実しています。

廃車引取り

対応エリア 北海道~沖縄県(一部離島を除く)
営業時間 年中無休 8時00分~22時00分(フォーム受付は24時間)

廃車でも0円以上買取保証!廃車手続き無料のカーネクスト

永久抹消のメリット

廃車手続きの中でも一時抹消や輸出抹消登録などがありますが、永久抹消はその他の抹消登録と何が違うのでしょうか?

永久抹消をすると重量税が還付される

永久抹消するメリットとしては、自動車を解体したときに行う手続きになりますので重量税等の還付を受けることができます。

これは、永久抹消登録以外の抹消登録では重量税の還付を受けることができません。例えば、一時抹消や輸出抹消等の登録の場合は、自賠責保険の還付を受けることができたり、輸出抹消の場合はリサイクル料金の還付を受けたりすることが可能です(業者に限る場合もある)。

しかし、永久抹消の場合に限り重量税の還付を受けるができますので、もし車検が残っている車はできるだけ早い段階で廃車を専門業者に引き渡し永久抹消行ってもらうのが良いでしょう。廃車の専門業者の中には重量税の還付金相当額を一緒に買い取ってもらえる業者もありますので確認しましょう。

重量税の還付はいつ?

永久抹消をした場合、重量税の還付申請を行うことができますが、国税から還付されるのはおおむね3ヶ月程度に指定の銀行口座に還付されます。

永久抹消をする時の注意点

永久抹消登録の注意点としては2つあります。

永久抹消登録は自動車の解体が終わってなければすることができない

自動車を解体していなければ永久抹消を行うことができません。永久抹消の漢字を見ていただくと分かると思いますが、永久的に抹消するということになりますので、今後何らかの形で再登録が出来るような状態に車がある場合は永久抹消を行うことができません。

自動車の解体業者などが解体を行い、その解体したことをマニフェストにあげ、その通知が陸運局にいきます。陸運局がその通知を受け取った段階で永久抹消を行うことができるのです。

永久抹消は証明書が交付されない

永久抹消した場合、証明書等が一切交付されません。

したがって、任意保険の解約等を行う場合に関しては何らかの証明書が必要になるケースがあります。その場合は、事前に車検証のコピーを取得しておくか、陸運局で現在登録と呼ばれる証明書を発行してもらうことによって、任意保険の解約を行うことができます。

ただし、保険会社によって必要書類が異なる場合もあるかもしれませんので、任意保険の解約に必要な書類についてはそれぞれの保険会社に確認するようにしましょう。

永久抹消の必要書類

永久抹消に必要な書類は一時抹消登録や輸出抹消登録をするときの書類と同じです。永久抹消の場合は、自動車の解体が必須になりますので、ここでは業者に依頼した場合の必要書類を説明します。

  1. 車検証の原本
  2. 所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  3. 所有者の実印が押印された譲渡証明書
  4. 所有者の実印が押印された委任状

永久抹消にかかる費用

永久抹消登録に必要な費用は用紙代以外はかかりません。一時抹消登録では数百円単位で陸運局に支払う手数料のがありますが、永久抹消には別途費用は必要ありません。

永久抹消手続きのまとめ

永久抹消登録をするメリットとしては、自動車を解体してもらい重量税の還付を受けることができるということに尽きると思います。

一時抹消であっても輸出抹消であっても登録自体を抹消している限りは、自動車税やその他の税金が課税される事はありません。

したがって一時抹消や輸出抹消等その他の抹消登録とあまり変わりはありませんが、唯一重量税が還付されるものが永久抹消登録なのです。