一時抹消の必要書類や費用について

一時抹消登録とは、一時的に車の使用を抹消することをいい、陸運局にナンバープレートを返却しますので車を乗れなくなります。永久抹消とは異なり、再登録することが可能です。

知って得する一時抹消のこと

一時抹消は、管轄の陸運局で手続きを行うことができます。一時抹消にかかる費用や必要書類についてご紹介します。

一時抹消の手続き費用が無料になる!

廃車買取のカーネクストは、陸運局での一時抹消の手続きを無料でやってくれて、0円以上の保証買取をしてくれる会社です。日本で廃車となるような車でも、海外へ輸出したり、鉄・スクラップで販売したりと、不要なものを再利用することで廃車でも買取をしています。ユーザー口コミ評価も良く、サービスも充実しています。

廃車引取り

対応エリア 北海道~沖縄県(一部離島を除く)
営業時間 年中無休 8時00分~22時00分(フォーム受付は24時間)

廃車でも0円以上買取保証!廃車手続き無料のカーネクスト

一時抹消のメリット

廃車手続きの中でも永久抹消や輸出抹消登録などがありますが、一時抹消はその他の抹消登録と何が違うのでしょうか?

一時抹消をすると自動車税が課税されない

軽自動車でも普通車でも、毎年4月から5月にかけて一年分の自動車税が請求されます。

管轄の都道府県税事務所に支払うものになります。この自動車税は、抹消登録されていない自動車の使用者に請求するようになっているため、実際に車を使っているかどうかは関係ありません。登録されているということは、ナンバープレートが付いていることになりますので、ナンバープレートが付いている車は自動車税を支払わなければなりません。

一時抹消をすると、ナンバープレートを陸運局に返却しますので、自動車税が課税されることはありません。車を乗る予定は無いけれど、将来的に乗る可能性があるので家に置いておきたい、という場合などに使う抹消登録です。

一時抹消をしているので自動車税の請求が来たら?

一時抹消をしても、陸運局と行政の何らかの通知エラーによって自動車税が請求されるケースがあるかもしれません。その場合は、一時抹消登録(登録識別情報等通知書)のコピーを自動車税事務所にファックスまたは郵送で送ると対応してもらえます。

一時抹消をする時の注意点

一時抹消をするときの注意点があります。

一時抹消をすると車検の残りは消える

例えば、車検が残り1年半ある車を一時抹消する場合は、その1年半分の車検は全て無効となります。仮に、半年後に再登録をする場合は、一から車検を受けて登録しなおさなければなりません。

尚、車検を取得する際に支払った重量税は一時抹消では還付されません。

一時抹消の証明書(登録識別情報等通知書)は再発行できない

一時抹消登録をした際に、陸運局から登録識別情報等通知書が交付されます。いわゆる一時抹消の証明書です。

この登録識別情報等通知書は再交付ができませんので、万が一紛失した場合、その車を再登録することは難しくなります。したがって、登録識別情報等通知書は必ず大切に保管しておきましょう。

一時抹消の必要書類

一時抹消に必要な書類は永久抹消登録や輸出抹消登録をするときの書類と同じです。ここでは、廃車の専門業者に依頼した際の必要書類についてお伝えします。

  1. 車検証の原本
  2. 所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  3. 所有者の実印が押印された譲渡証明書
  4. 所有者の実印が押印された委任状

一時抹消にかかる費用

一時抹消登録に費用は、証紙代と印紙代になります。約350円くらいかかります。

一時抹消手続きのまとめ

一時抹消登録は、永久抹消登録とは異なり再登録できることが一番の特徴です。

その反面、車検の残り期間が無効になるデメリットなどもありますが、乗らない車の場合は自動車税など余分な税金も課税されてしまうので、できる限り早い抹消登録をするのが良いと思います。